猫が家電などを操作してしまうことについて

テレビと猫

猫と暮らす以上は、家中が彼らのテリトリーになることを覚悟しなければいけません。入ってほしくない場所や乗ってほしくないものほど好むし、人からすると居心地が悪そうに見えるところで寝ていたりします。それは家電周りも例外ではありません。エアコンやレンジフードの上に乗ったり、電子レンジや電話機の上を普通に歩いたり、洗濯機や冷蔵庫を開ければ一瞬の隙に入ります。

我が家の初代猫アリスは、わざと電話の内線を鳴らすようになってしまいました。

家電のスイッチやボタンを押してしまった事件

猫が家電の上を歩くなどして、スイッチやボタンを押してしまうことはよくあります。今うちでそれをするのは決まってモアナです。加湿器はだいたい運転モードを変えるし、洗濯機はだいたい一時停止にします。洗濯が終わっていると思っていたのに、一時停止になっていたことに気づいた時のショックは大きいです。でも危険が伴わない誤操作はまだいいのです。

洗濯機に入る猫
洗濯機の中に入るモアナ

モアナはなぜかテレビの前で寝ることがあります。うるさくないのか心配になりますが、本人は気持ちよさそうに寝ています。そのテレビの前についリモコンを置きっぱなしにしてしまうのですが、そうするとモアナがリモコンの上に寝転んだりするのです。

ある時、テレビから目を離していた間に音量が聞いたことのないほどの大きさになり、急いでテレビの前に行ってみるとモアナがリモコンの音量ボタンを体で押し続けていたのです。あまりの大きい音にとても慌てた出来事でした。

同じようにリモコンを操作されたことがあるのはエアコンです。暑い夏の日に除湿運転をしていたエアコンが急にフル稼働し始め、不審に思って見に行くとやはりモアナがリモコンを下敷きにしていて暖房に切り替わっていたのです。

また、ガスコンロを点火したこともありました。キッチンの調理台から飛び降りようとした時に、スイッチを押してしまったのです。

テレビと猫

水栓のレバーハンドルを押し上げてしまった事件

そのような話は家電だけではありません。

キッチンや洗面台の水栓に使われていることが多いレバーハンドルは、ハンドルを上げると吐水され下げると止水するようになっています。これは猫が起こしたある事故がきっかけとなり仕様変更されたと言われています。それまでは吐水と止水の操作が逆だったために、ある家で猫が誤ってレバーハンドルを押してしまい水が出っぱなしになったという事故です。

しかし、うちで実際にあったのは、シンクでイタズラをしていたホクがレバーハンドルを押し上げて、水を出してしまったのです。

ホクが水を出してしまった時も、モアナがテレビやエアコンやガスコンロを操作してしまった時も、幸いすぐに気づいたので大事にはなりませんでした。しかし、これが家にいない時だったら、寝ている時だったら、と考えると怖いことばかりです。

こういったことを心配し始めるとキリがありませんが、だいたいは一手間で防げることです。リモコンは置きっぱなしにしないで猫が触れないところに片づける、ガスコンロなどチャイルドロックが付いているものはロックをかける、常に使うものでなければコンセントを抜くなど。

かくいう私も日中家にいる時はあまり気にしていないのですが、出かける時や寝る時は気を付けています。

猫が変なところで寝ていたり歩いたりする様子は見ていて面白いし可愛いのですが、それが思わぬ事故にならないように配慮するのは飼い主の責任だということを痛感しました。

テレビと猫
タイトルとURLをコピーしました