夫婦で楽しめること

大人の夫婦だからこそ楽しめる、おすすめの趣味やお出かけ場所の紹介です。

夫婦で楽しめること

光が美しい、春に観たい映画

独特の世界観や映像美が「岩井ワールド」「岩井美学」と表される岩井俊二監督の映画。春に観たい軽やかなテーマでさわやかな3作品を紹介。美しく印象的なのは光の表現。ありふれた風景もドラマチックになります。
夫婦で楽しめること

今もう1度観たい名作映画

昔買った映画のビデオ。久しぶりに出すとパッケージだけで思い出がよみがえりました。その中から5作品を紹介。主人公の大人になる前の純粋さが胸を打ちます。年を経た今だからこそもう1度観たい映画ばかりです。
夫婦で楽しめること

知識がなくても楽しめる建物の鑑賞

大嘗宮、首里城、国立競技場、バウハウス。2019年は建築物に関する話題が多くありました。旅行先でそこの建築物に目を向けるとよりその土地の特色を知ることができ、旅がさらに楽しいものになります。
夫婦で楽しめること

エクセルで作る写真が主役の年賀状

忙しい年末に準備しなければならない年賀状。どうせなら楽しく作りたいものです。作成方法はいろいろとありますが、撮った写真を並べるだけなら簡単で自分らしい年賀状が作れます。試しにエクセルで作ってみました。
夫婦で楽しめること

国立国会図書館

国立国会図書館は日本で唯一の納本図書館で、書籍などが最も多く所蔵されています。目的のジャンルから最善の本を探したり、他では入手できない本を見たり、雑誌を読みふけったり、満足な時間が過ごせます。
夫婦で楽しめること

気軽に始められるテニス

テニスは大人になってからでも気軽に始められます。本格的に上達を目指すのでなければルールを知らなくても楽しむことができます。そして何歳になっても続けることができるということを先輩たちが教えてくれました。
夫婦で楽しめること

日本カメラ博物館

馴染みのあるカメラや使い捨てカメラ、人気のライカコーナー、あまり見ることができない貴重なカメラなど約300点が展示されています。カメラが好きな人はもちろん、そうでない人にも見ごたえがある博物館です。
夫婦で楽しめること

男性も通いやすくなったヨガスタジオ

肩こりの改善と気分転換のために夫婦で始めたホットヨガ。ヨガをする男性が増えたので夫も抵抗なく通うことができます。運動不足で体が硬い私たちは苦戦するポーズも多いですが、夫婦一緒ならそれも楽しめます。
夫婦で楽しめること

写真撮影(風景・花)

自分だけの被写体を探すことも写真撮影の楽しみです。視点を変えれば身近なところにもフォトジェニックな景色や花が見つかります。撮影方法やカメラを変えたり、フォトコンに応募するのもおすすめの楽しみ方です。
夫婦で楽しめること

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

日常的なシーンも光のない暗闇の中で体験するといろいろなことに気づかされます。視覚障害者であるアテンドに頼り、他の参加者と協力し合うという内容は、企業の研修などにも導入されるほど有意義な経験となります。
夫婦で楽しめること

外国語の勉強

外国語学校で仲間と一緒に勉強することはとても貴重な経験になります。学校に行けない場合は夫婦で勉強することで、協力しながら楽しく上達することができます。教材として外国語訳の本を読むのもお薦めです。
タイトルとURLをコピーしました