ウォーターマンのボールペン

ウォーターマンのボールペン

1883年、「万年筆の祖」と言われているルイス・エドソン・ウォーターマンが新たな万年筆を開発したことが、ウォーターマンという会社の始まりです。

その後、フランスの洗練されたスタイルを取り入れながらペン作りをしてきたウォーターマンは、1926年、本拠地をパリに移し、1954年には工場をフランスに移転させ、以降全てのペンをフランスで作っています。その美しいデザインは、ドレスやジュエリーなどから発想を得たり技法を応用したりと、パリの文化を反映させています。

そして1900年、パリ国際博覧会で金賞を受賞したことからフランス中で認められ、フランス製のペンの象徴となりました。

ウォーターマンのボールペン

私がウォーターマンというブランドを知ったのは、夫から「メトロポリタンプライベートコレクション」というシリーズのボールペンをプレゼントされた時です。それまで私は、ボールペンは書き心地だけを気にして買っていたのですが、この素敵なボールペンを見た時に価値観が変わるような思いをしました。

ウォーターマンのボールペン
ウォーターマンのボールペン

この小さな製品のどこをとってもスタイリッシュで、見れば見るほど感心してしまいます。グリップ部はマットで上品な赤。キャップ部に掘られた綺麗な模様。どこか和風な雰囲気があるデザインですが、それもそのはず、「メトロポリタンプライベートコレクション」シリーズの中でもこの1本は日本をイメージして作られたそうです。

ウォーターマンのボールペン

世界で初めてクリップ付きのキャップを作ったのもウォーターマンです。インクが漏れない万年筆を開発し、ペンを携帯品にしたウォーターマンならではの発想です。そのクリップにはイニシャルロゴの「W」が入っています。この「W」は滑らかな書き心地を表しているのでしょうか。曲線の部分が個性的です。

今は、紙やペンを使ってなにかを書いたり描いたりすることはほとんど無いという人も多いと思います。私もペンを使う機会は多くありませんし、例えば仕事場でペンが失くなったり誤って誰かのペンを持ってきてしまっても、あまり気に留めることなくまるで消耗品のような扱い方をしていました。

でも思えば子供の頃はペンや筆入れなどの文具にずいぶんと思い入れがあり、それが友達との話題になったり、自分の気持ちを高めてくれたりしました。とても気に入っていたペンや消しゴムのことは今でも覚えているほどです。

ウォーターマンのボールペンは子供の頃のように、私たち夫婦の話題になったり、私の気持ちを高めてくれたりしました。

つい眺めてしまうようなカッコイイこのボールペンは、決して消耗品などではなく、ずっと大切に使いたいもののひとつです。

ウォーターマンのボールペン
タイトルとURLをコピーしました