迷い猫を捜しています。ご協力お願いします。

不要品が役立った家のアップグレード②

本の押入れ収納

不要になった物を保管していたら後に活用できたということがよくあるので、できるだけ断たないよう捨てないよう手離さないようにしています。なにも買い足さずに家にある物を再利用できると、なにかとても得した気分になります。

本の押入れ収納に最適な棚

昔のアルバムや書類など大きくてかさばる本類の収納場所に悩み、押入れに収納することにしました。

以前、押入れ用の引き出して使う本棚を買ったことがありますが、実際に本を入れると重くてキャスターがスムーズに動かなかったり、敷居や畳に引っかかったり、使い勝手がよくありませんでした。そのうえ時間とともに重さで棚板がたわんできて壊れそうにさえなっていました。そのため他の製品を探したのですが、サイズが合わなかったり、耐荷重に不安があったり、良いものが見つかりませんでした。

そこで思い出したのが、以前ホームセンターで買った、自分で組み立てるタイプの棚です。支柱と棚板を交互に固定していくことで段数を増やすことができます。買った当初は3段にして小物を収納していたのですが、転居先では置き場所がなかったため使わずに保管していました。これを1段×2台に組み立てなおして押入れで使うことにしました。

本の押入れ収納

2台を並べて置いてみると幅も高さも丁度良く、下段はA4サイズまで、上段はA3サイズまでの本類がたくさん入ります。とても丈夫なので重さにたわむこともありません。収納場所に悩み、ダンボールに入れたまま放置していた昔のアルバムやファイルなどをちゃんと並べることができ、いつでも見ることができるようになりました。押入れの奥行きを活かすために、棚の前にはキャスター付きのケースを置いて小物を収納しています。

本の押入れ収納

この棚は専用のボルトで固定するだけなので、今回のように組み立てなおすのも簡単です。重くて場所を取るので保管していた時は邪魔にも感じたのですが、思わぬところで活かすことができ、むしろ以前の用途より本の押入れ収納のほうに適していると思いました。

本の押入れ収納

ベランダで便利なキッチン用の隙間収納ラック

洗濯機の横のデッドスペースに置いていたラックも、転居先では使えなくなってしまいました。しかし、これは今ベランダで役立っています。捨てるつもりでベランダに出したのですが、観葉植物を日光浴させる時の置き場所として必要になりました。屋内で使うためのものなので不具合が出る可能性はありますが、今のところ問題なく使えています。

ベランダのスチール製隙間収納

元々はキッチンの隙間収納用として販売されていたのですが、そのための機能はベランダで使うのにも好都合でした。スチール製なので汚れが簡単に拭きとれ、比較的サビに強く、幅が伸縮するので大きさを変えることができます。軽くコンパクトなので移動も簡単で、使わない時は端に置いておけば目立ちません。また、格子部分にワイヤーネット用のカゴを引っ掛ければ、園芸用品などを入れることもできます。

ベランダのスチール製隙間収納

ベランダに置きっぱなしにして1年が経ちましたが、意外にもそれほど錆びていません。ネジ周りなどは少し錆びてきましたが、これはこれで味があって良いと思っています。いずれは錆びが進んで使えなくなるかもしれませんが、元々は捨てる予定だったものを最後まで有効に使い切ることができれば惜しい気持ちはありません。

消臭剤の隠し置きに使えたカゴ

余っていたもうひとつのワイヤーネット用のカゴはさすがに再利用できないと思っていましたが、意外なところで役立ちました。

ワイヤーネット用のカゴ

猫たちのウンチを捨てるゴミ箱が臭くならないよう、ゴミ箱の傍らにはいつも消臭剤を置いています。この消臭剤の置き場所として、カゴをゴミ箱の裏に取り付けてしまいました。取り付けると言っても、ゴミ箱の凹部に差し込んだだけです。偶然フックの間隔と凹部のサイズがぴったりだったので、差し込んだら固定されたのです。

掃除機をかける際に消臭剤をどかすというひと手間が面倒だったので、消臭剤をゴミ箱と一緒に動かせるようになっただけでストレスがひとつ減りました。捨てそびれた100円のカゴが、隠れた場所で大いに役立っています。

アップグレードおまけ編

以前、余っていたペンキで玄関の鏡を塗装したのですが、それによって気になってきたのが照明の色です。リフォーム時に玄関には暖色系の灯りを取り付けました。しかし建具と鏡がグレー系であることと、狭い玄関をスッキリ明るく見せたいことから、寒色系の灯りに変えることにしました。同じくトイレも紺色のアクセントクロスを貼っていることから、寒色系の灯りのほうが合うという考えになりました。

一般的に玄関やトイレは暖色系にすることが多いですが、寒色系に変えてみても違和感はなく、我が家の場合は正解だったと思います。LED電球は新たに買いましたが、手軽に空間の雰囲気を変えられる方法のひとつです。

タイトルとURLをコピーしました