猫が鉢植えの土を掘るのを防ぐカバー

猫と鉢底ネットの植木用カバー

ヤンチャ猫のホクとモアナが観葉植物の鉢植えをイタズラするので困っていましたが、小さい鉢植えは自作した棚に入れることで解決しました。

でも大きい鉢植えを棚に入れたり囲ったりする方法は難しく、大がかりなことになってしまいます。

大きく育った我が家のベンジャミンは葉っぱや幹を多少傷つけられても問題なく元気なのですが、土を掘られると掃除が大変なので私の元気がなくなってしまいます。自分のために、土へのイタズラだけ防げれば良しと考えるようにしました。

これも棚を自作した時と同様、日当たりと風通しを遮らず、水やりの際に手間取らず、猫の爪と歯にも負けない強固な方法を考える必要がありました。

そこで役だったのは鉢底ネットです。本来は植木鉢の底に敷いて使うものですが、これを少し加工して土の上から被せることにしました。

丸い植木鉢に被せるカバーの作り方

鉢底ネットはいろいろな素材があるようですが、私が100均で買ったものはポリプロピレン製です。 このポリプロピレン製のネットははさみで簡単に切れますが、切り口を触ると少し痛いのでケガをしないよう注意してください。

鉢底ネットの植木用カバー

1. はさみでネットを植木鉢よりひと回り大きい円型に切り取ります。

2. 幹が通る部分に穴を開けるので、その位置に向かって外側から切り込みを入れます。

3. 幹の太さに合わせ丸く切り抜きます。

4. 鉢からはみ出る部分に数か所、短い切り込みを入れます。

5. 縁が折り曲がるように切り込み部を重ねて黒い糸などで留めます。

6. 全ての切り込み部を重ねて留め、帽子のような立体型になったら植木鉢に被せます。

7. 幹の位置まで入れた切り込み部も重ねてクリップなどで留めます。

猫と鉢底ネットの植木用カバー

これまでに試した鉢底ネットの加工方法

最初は、鉢より大きめに切っただけの鉢底ネットを被せてみました。それだけでホクとモアナはイタズラを諦めたようで、平穏に過ごすことができました。ところが、やはりイタズラ再開の日が訪れ、鉢底ネットを頭で押し上げながら土を掘るようになってしまったのです。

それならば大きめに切るより、鉢に収まるジャストサイズに切るほうが鉢底ネットを持ち上げることができないのではないかと思い試しました。しかし我が家のベンジャミンは気根が土の上で重なり盛り上がっているので、どうしても鉢底ネットが浮いてしまい、簡単に持ち上げられてイタズラを防ぐことはできませんでした。鉢底ネットが浮かないようであれば、この加工方法で十分かもしれません。

そして最後に試したのが、鉢の外側まで覆うことができるよう立体型にした今回の加工方法です。

今のところイタズラっ子たちから土を守ることができています。水やりの時はカバーを上に持ち上げるだけです。

なぜかこの鉢底ネットを気に入ったホクとモアナは、私が加工作業を始めると必ず上に乗ったり潜ったりして邪魔をします。そして鉢に被せた後もその上で寝ます。いつかはこのカバーも突破されるかもしれませんが、ひとまずは安泰な日が続いています。

鉢底ネットの植木用カバー
タイトルとURLをコピーしました