猫が大好きな高いところ

本棚に上る猫

猫は高いところが大好きです。

猫にとって高いところは安心できる場所であり、上下運動によってストレスを解消できる場所でもあります。走り回れる広いスペースがなくても、高いところがあれば猫にとっては快適な家になります。そのために、猫が上がれるところを用意してあげなければいけません。

大好きスペースの作り方

市販のキャットタワーは大きさや形が豊富で、猫や部屋に合ったものが見つかると思います。最近では木製のものやインテリアに馴染むようにデザインされているものが多くあります。

既製品に頼らず、キャットタワーや キャットステップ、キャットウォークなどを自作する人も多いようです。耐荷重などの安全面をしっかり考えれば、あとは自由に作れるので楽しいと思います。

市販のものを用意したり自作することができなくても、高さの違う家具を並べれば猫が上がれるスペースになります。

我が家ではキャットステップを取り付けていますが、それまでは家具の配置を工夫して猫が高いところに上がれるようにしていました。・・・というより、歴代のヤンチャ猫たちが自分で上がれる場所を見つけてくれた、という感じです。その代わり、家具を傷つけられたり汚されたりすることは気にしないようにして自由にやらせています。

ただ、自由にやらせていると困ったことや危険なことが起こることもありました。

困ったことや危険なことの例

私が中学生の時に一緒に暮らし始めたアリスという猫はとても元気な子でした。

もちろん洋服ダンスやピアノの上など高いところが大好きだったのですが、困らされたのは押入れの天袋に上がる時に襖を蹴ることです。ある時、天袋を開けっぱなしにしていた少しの間に入ってしまい、高くて狭くて暗いという猫が大好きな条件が揃った天袋をすっかり気に入ってしまったのです。

まず床からジャンプして天袋の桟に前足をかけ、それから後足で襖を蹴りながら中に入るのです。当然、襖に傷がつきます。いつも同じところを蹴るため次第に破れ、最後は襖紙がビリビリボロボロになりました。襖を閉めていても上がろうとするので、桟にぶら下がりながら鳴くアリスと私たち人間との根くらべになります。大抵は私たちが負けて抱き下ろしたり天袋を開放したり・・・と対応を迷っていました。今思えば、どうせ入るなら近くにステップになるようなものを置いて、襖を蹴らなくても上がれるようにするのが最善の方法だったかもしれません。

襖を上る猫

猫と暮らしていれば家具や建具が傷つくこともある程度はしょうがない、気にしない、という家族でしたが、襖紙の破れ方はさすがに見過ごすことができないほど酷いものでした。そこで表具店の方の提案で、襖に破れにくい壁クロスを貼ってもらったのですが、効果を確かめる前になぜか急に天袋ブームが終わりました。 まあ、こういったことも猫と暮らしているとよくあることです・・・

アリスとは反対に、モアナは運動音痴で猫らしくない猫です。あまり高いところには上がれません。でも1歳に満たない頃は、自分よりひと回り体が大きく運動神経の良いホクの後を追って、高いところに上がろうとして落ちたり、上がれたものの下りられなくなったりと、ハラハラすることが何回もありました。この頃のモアナにとってはソファの背もたれが、簡単に上がれる限界の高さでした。

ソファの背もたれに上る猫

大きくなった今も、モアナとホクでは上がれる高さにだいぶ違いがあります。高いところといっても最適な高さは猫によって違うということを、モアナとホクは教えてくれました。

レンジフードに上る猫

モアナに限らず、子猫は高いところに上がったまま下りられなくなることがよくあるので注意が必要です。また、同じ猫でも年齢によって上がれる高さは変わります。老猫になると、子猫と同様に高いところに上がれなくなったり、上がれても怪我のリスクが高くなります。

猫の行動学的には、高いところに上がれない場合でも、数センチの高さがあれば全く段差がないところよりは安心できて好むそうです。猫の運動能力に合わせた高さを用意してあげることが必要です。

猫たちの “高いところ好き” には困らされたり心配させられることもありますが、過ぎてしまえば懐かしい思い出です。

アリスがいつも寝ていた洋服ダンスの上を覗くと、失くなったと思っていたオモチャが全部置いてあった、ということがありました。自分しか上がれないところに大切なものを集めていたというのが可愛くて、思い出すと今でも笑ってしまいます。

イスに座る猫

タイトルとURLをコピーしました