猫と植物が安全に暮らせるようになるまで

観葉植物をイタズラする猫

保護猫の譲渡会で出会い、我が家へ来たホクとモアナは、3日目から急に慣れてきた様子で家中の探検を始めました。ひとしきり家の隅々まで点検するだろうと思い、事故の元になりそうな物などは片づけていたのですが、うっかり忘れていたものがあります。部屋の中で育てていた4鉢の植木を床に置きっぱなしにしていたのです。ホクとモアナの前に一緒に暮らしていた子は植木に無関心だったので、正しくは忘れていたというより植木のことに気がまわらなかったのです。

観葉植物と猫

トイレにされた植木鉢と部屋中が土だらけになった話

ホクとモアナがまず目を付けたのは、芽が出たばかりの小さな鉢植えでした。モアナは小さな芽など気にも留めず、土をザッザッと掘り始めたのです。これから2匹との信頼関係を築いていこうとしている時だったので、私はそのままそっと見守っていました。

その時、モアナがしたのです。オシッコを。その後にウンチを。

その臭いに気づいてすぐにホクが来ました。ホクもしました。オシッコ。そしてウンチ。

うちに来て1日目も2日目もちゃんと猫トイレを使っていたのに、3日目になぜか植木鉢でオシッコとウンチをしてしまいました。

その後も2匹は何度も植木鉢を倒したり、土を掘ったり、葉っぱをかじったりと、イタズラが続きました。 その都度イタズラされないように対策を考えては試しましたが、一時的に効果があるだけで完全には防げませんでした。

なかでも大変だったのは部屋中を土だらけにされたことです。夜中に植木鉢をひっくり返し、鉢底に入れていた軽石で遊んでいたようなのです。朝、ぼうぜんとする私の周りで、モアナは楽しそうにカラカラと軽石を転がしながら走り回っていました。

観葉植物をイタズラする猫

土だらけになりながら楽しそうに遊ぶ姿は面白くて可愛いのですが、やはりその後の掃除と植物の植え直しが大変です。しばらく試行錯誤を繰り返しましたが、鉢植え用の棚と土に被せるカバーを作ることで解決しました。

危険な植物と猫草の必要性について

猫と植物が一緒に暮らす時に最も心配なのは、猫が有毒な植物を食べてしまうことです。なかには、直接口にしなくても花瓶の水を飲んだだけで中毒になり、最悪の事態を引き起こす植物もあります。

猫にとって有毒な植物を調べると、身近にありそうなものだけでも34種類ありました。

アサガオ、 アジサイ、 アヤメ、 アロエ、 オシロイバナ、 キキョウ、 クリスマスローズ、 シクラメン、 シャクヤク、 ジンチョウゲ、 スイートピー、 スイセン、 スズラン、 チューリップ、 ツツジ、 デイジー、 ドラセナ、 バラ、 パンジー、 ヒアシンス、 ヒイラギ、 ヒガンバナ、 ヒナゲシ、 フクジュソウ、 フジ、 ベゴニア、 ポインセチア、 ホウセンカ、 ホオズキ、 ボタン、 ポトス、 マーガレット、 モクレン、 ユリ

そして特に猛毒なのが、アロエ、スズラン、ツツジ、ドラセナ、ヒガンバナ、ユリです。

気を付けなければいけないのは、猫にとって危険な植物は上記に限らない可能性があるということです。有毒な植物より無害な植物のほうが少ないという話もあるのです。部屋に置きたい植物は必ず事前に安全性を確認しなければいけません。

観葉植物をイタズラする猫
植木鉢を倒した後の様子

一方、猫草を与えることについては意見が分かれるようです。

我が家の猫たちがお世話になっている病院の先生は「与えないほうが良い」という意見です。猫草を食べることで胃にたまった毛玉を吐かせる効果があると言われていますが、本来は便と一緒に排泄することができ、特に最近はキャットフードの改良によって毛玉が排泄しやすくなっているとのこと。猫草を与えるのは意味がないだけでなく、吐くことが癖になってしまうとのことでした。

ホクとモアナには猫草を与えていませんが、初代のアリスには好きなだけ食べさせていました。そのせいか分かりませんが、よく吐いていたのは事実です。

猫草を食べるアリス
猫草を食べるアリス

意見は分かれるようですが、少なくとも与えることが必須ではないことと、1歳未満の子猫に与えてはいけないことは確かなようです。

観葉植物をイタズラする猫
観葉植物を見上げる猫

植木鉢を倒したり土を掘ることがなくなった今も、ホクとモアナは植木が大好きです。ベンジャミンの幹を舐めたり葉っぱをいじったりします。

植木に水やりを始めると2匹が飛んでくるので、相変わらずの攻防戦となります。

それでも以前のような心配と苦労はなくなり、猫と植物と人が快適に過ごせています。

観葉植物をイタズラする猫
タイトルとURLをコピーしました