猫が夢中な工作不要100円以下のおもちゃ

猫のおもちゃ

新しいもの好きで飽きっぽい我が家の猫モアナ。どんなに喜んで遊んでいたおもちゃもすぐに飽きてしまいます。モアナの兄ホクはというと、飽きっぽくはありませんがすぐに壊したり失くしてしまいます。ホクとモアナのおもちゃは消耗品。常に新しいものが必要です。

猫用のおもちゃは様々なものが販売されていますが、それを自分の家の猫が気に入るとは限りません。好きだろうと思って買ったおもちゃには見向きもせず、それを梱包していた箱や緩衝材で遊び始めるといったことはよくある話です。また、時間をかけて手作りしても遊んでくれず、それよりも作業用のはさみやテープのほうに興味津々だったりします。

猫のおもちゃは無駄になってしまうことも少なくないので、今回は我が家のホクとモアナが夢中になる、費用も手間もかからないおもちゃを中心に紹介します。

工作不要100円以下、猫が自分で遊んでくれるもの

  • アルミホイルのボール
  • 容器のキャップ・鉛筆のキャップ
  • 毛玉のボール
  • 毛糸のボール・ニットの手袋
  • 天然のまゆ玉
  • 消しゴム
  • ストロー

丸めた紙くずなど、人にとってはゴミでも猫にとっては定番のおもちゃだったりします。なかでもアルミホイルを丸めたものはよく転がり、失くなってもすぐに作れるので最もお手軽なおもちゃです。

キャップ類も猫は大好きです。(※よく洗ってから与えてください)ペットボトルのキャップはもちろんのこと、ホクが大好きなのは鉛筆のキャップ、モアナが大好きなのは目薬のキャップです。転がる時のカラカラという音が好きなポイントなのだと思いますが、光を反射する材質のものを選ぶとさらに喜びます。好きなものを噛む癖があるホクは、アルミ製のキャップも噛んで穴を開けてしまったほどです。

猫のおもちゃキャップ

ブラッシングで抜けた毛はとっておいて、ある程度の量になったら丸めてボールにします。これが好きな猫は多いと思いますが、モアナは好き過ぎて遊ぶより隠そうとします。くわえたまま隠し場所を探して歩きまわり、ホクが近づくとウーウーとうなるのです。それが落ち着いてからようやく2匹で遊び始めます。

猫のおもちゃ毛玉

以前一緒に暮らしていたたま・・は毛糸のボールがお気に入りでした。しかし毛糸をボール状にするのはけっこう手間がかかるうえ、ひも状のものは猫が誤飲する可能性があります。そんな時はニットの手袋がボール代わりになります。初代猫のアリスはニットの手袋が大好きで、床を滑らせては飛びかかったり、くわえながら走り回っていました。アリスは手袋の形そのままで遊んでいましたが、伸縮性を利用してひねったり裏返したりすることで何も使わなくてもボール状に丸めることができます。100均の手袋が一瞬でおもちゃになります。

同じく100均で買えるのが天然のまゆ玉です。本来は肌の角質をとる美容品です。猫はまゆの匂いが好きなようで、これを買って帰るとすぐにホクとモアナが寄ってきて興奮気味になります。そしてコロコロと転がるまゆ玉を追いかけ、家中を走り回って遊びます。匂いがなくなると遊ばなくなるのですが、1袋に4個入っているので小出しにして与えています。

失くなるまで飽きずに遊ぶのが消しゴムです。消しゴムといっても普通の消しゴムではなく、食べ物や動物などの形をした「おもしろけしごむ」です。これも100均で売っているものです。おすすめはイチゴやパイナップルなど、球体に近いけれど球体でないもの。よく転がり変則的な動きをするのが面白いようです。最後はいつも家具の隙間などに入って見つからなくなってしまうのですが、そのサイズも好むポイントのようです。

猫のおもちゃ消しゴム

好きなのは転がるものだけではありません。ストローに夢中になるのです。特にホクは、床を滑らせて飛びついて、毎日飽きることなくゴソゴソガタガタとやっています。20本入りで100円ちょっとの値段なので、1袋買えば長いこと持ちます。

猫のおもちゃストロー

その他のお気に入り

  • 穴を開けたダンボール箱
  • ダイソー『のび~るしっぽ&ボール付き猫じゃらし』
  • ペッツルート『カシャカシャじゃれる』
  • 蹴りまくら
  • テニスボール

値段が100円以上のもの、工作するもの、人が遊ばせるタイプのおもちゃも紹介します。

ボールなどのおもちゃはそのままでも自分で遊んでくれますが、少し手間をかけてダンボール箱に穴を開け、そこにおもちゃを入れてあげるとやはり夢中になって遊びます。箱の天面に猫の手が入る大きさの穴をいくつか開け、側面にもボールが転がり出る穴を開けました。ダンボール箱がない場合は、空になったティッシュ箱にボールを入れるだけでも夢中で遊びます。

100均ダイソーの『のび~るしっぽ&ボール付き猫じゃらし』は、棒に伸縮するひもが付いていて、その先に鈴の入ったボールと羽が付いているおもちゃです。棒が長めなので、人があまり動かなくても広範囲を走らせることができます。ホクとモアナが我が家に来た時から遊び続けているおもちゃです。ホクが遊びをねだる時は、数あるおもちゃのなかから必ずこれを選び、くわえて持ってきます。ボールに使われている発砲スチロールがすぐボロボロになって布だけになってしまうのですが、それでも変わらず遊んでいます。

ホクとモアナを引きとった時に保護主さんに頂いたのがペッツルートの『カシャカシャじゃれる』です。棒の先にセロハンや羽が付いているシンプルなものですが、保護主さんいわくどの家の猫も大好きだそうです。我が家では特にモアナが大好きで、こちらが止めるまでずっと遊び続けます。飽きっぽいモアナがよく遊ぶのでボロボロになるのも早いのですが、これも買い続けている定番おもちゃです。

猫のおもちゃカシャカシャ

知人にいただいた蹴りまくらは、お気に入りといっても肝心のえび天には目もくれずにひもで遊ぶのです。『のび~るしっぽ&ボール付き猫じゃらし』の次にホクがよく持ってくる大好きなおもちゃです。これは誤飲の心配がないうえに壊れることもないので重宝しています。

猫のおもちゃ蹴りまくら

最後に、私がマッサージ用に買ってソファに置いていたテニスボールをモアナが気に入ってしまいました。転がして遊ぶのではなく、けりぐるみのように使っています。

猫のおもちゃテニスボール

費用や手間をかけてもまったく遊んでくれなかったり、そのへんにあるものを試しにあげてみたら喜んだり、遊んでほしくないものを勝手におもちゃにしたり。自由すぎる猫たちですが、すぐに用意できるものを気に入ってくれることが多いので助かります。

タイトルとURLをコピーしました