猫のトレーニングと自分のトレーニング

盗み食いをしようとする猫

日々猫たちの天真爛漫な様子に癒されることは多いですが、同時に止めてほしい行動もいろいろとあります。

猫に分かってもらおうとトレーニングしても上手くいかなかったことが多く、今はほとんどのことは自分たちの習慣を変えたり環境を変えたりすることで乗り切っています。相手は幼児と同じなので、自分でできることで対応したほうが早いしストレスがありません。言ってみれば、自分のトレーニングです。

我が家で行った猫のトレーニングと自分のトレーニング、成功したことと失敗したことの話です。

食事中のテーブルに上がったり盗み食いをする

ホクとモアナは子猫の頃から食欲が旺盛で、我が家に来てからの3ヶ月間は毎食テーブルに上がってきていました。フードカバーを買い、お皿の周りにいろいろな物を置いてガードを試みましたが、それらを押しのけて食器まで落としそうになることがあり、却って危険でした。他の部屋に連れて行くと鳴きながらドアを開けようとするので、それはそれで落ち着かず、急いで食べ終えて遊んであげることで気をそらしていました。

対応策を調べるといろいろなトレーニング方法が教示されているのですが、長期間に及んだ場合のことを考えると、準備や後始末が大変なものや猫に対して心苦しいような方法では長続きしません。我が家では、根気強く淡々とテーブルから降ろすことを繰り返しました。

  かつてはトレーニング中に仕返しされたことも・・・

効果はなかなか出ず、ゆっくり食事することはもう無理なのではないかと本気で思っていましたが、3ヶ月経ったくらいでしょうか、ある日パタリと食事中に来なくなりました。猫って時々こういったことがあります。

食事中に来なくなっても、盗み食いは続きます。私が楽しみにしていたお饅頭が無くなり包装だけになっていたこと。食べた形跡のある栗ご飯のおにぎりが床に落ちていて、夫の夕飯が栗ご飯から白飯になったこと。実家では、綺麗に身を食べつくした煮魚の骨だけが床に落ちていたことも。(初代猫アリスの仕業でした。)

これらは、猫の手の届くところに食べ物を置きっぱなしにしていたことが原因なので、油断せずに片付けるよう心がけています。

壁やファブリックで爪とぎをする

ホクとモアナが爪とぎ用品以外も使うようになってしまいました。ホクはソファ、モアナは柱と壁です。ファブリックのソファはあっという間にボロボロに。壁もよく見るとクロスが破れていました。

ソファで爪とぎをする猫

ソファや壁クロスの補修はさておき、防止策として爪とぎ用品を増やすことにしました。

それぞれの爪とぎのスタイルは、ホクは対象物の上にまたがってバリバリするのが好みで、モアナは壁などのコーナーを使って立ってカリカリするのが好みです。なのでホク対策としては、ソファにカバーをかけて爪とぎができないようにし、床置きの爪とぎを増やしました。ちなみにソファのカバーにしているのはひざ掛けとブランケットで、腰掛ける時はそれらを防寒に使っています。モアナ対策としては、爪とぎをする壁の前にはスタンド式の爪とぎを置き、そして柱には木板を両面テープで貼り付けました。

今2匹は新しい爪とぎと木板を喜んで使っています。ソファ、柱、壁では爪とぎをしなくなりました。

人の手や足を噛む

トレーニングに失敗したのが、ホクとモアナの噛み癖を子猫のうちに直せなかったことです。先代の猫たちは噛み癖がなかったので、初めて経験する子猫の甘噛みを可愛く思い、止めさせずについ眺めてしまっていました。一貫したトレーニングを怠った結果、今でも噛み癖は直っていません。

嬉しい時にうっとりした顔で手を噛むのはあまり痛くないのですが、ホクがかまってほしい時やご飯を催促する時に手や足を噛んでくるのはけっこうな痛さです。

困ったあげく、噛んだり舐めたりする行為を矯正するための『ビターアップルダバー』という商品を買いました。猫の嫌いな苦味でトレーニングするというものですが、これを自分たちの手足に塗るとホクは匂いだけで急いで逃げます。ただ、噛んではいけないと理解した様子はまだなく、根本的に直るには至っていません。

遊んでほしくないもので遊ぶ

飽きっぽいので与えるおもちゃにも悩みますが、一方で大事なものを勝手におもちゃにされて困ることも多々あります。

観葉植物で遊ぶ猫

観葉植物

モアナは野良生活をしていた頃からよく木登りをして遊んでいたそうです。そして運の良いことに、もらわれた先(我が家)にも小さな木がありました。モアナは目をらんらんとさせながらグラグラ揺れる木に乗り、葉っぱに手を伸ばしたり、落ちそうになって枝にぶらさがったり、生き生きと遊んでいました。

細い枝は少しずつ反っていき、ある日モアナが脚をかけた瞬間に折れてしまいます。木から落ちたモアナは折れた枝の前でなぜかハイテンションでした。

割れやすいもの

私が中学生の頃の話です。ある日、アリスがカチャンカチャンと聞き慣れない音をさせながら遊んでいるので、気になって見に行くと、おこづかいを貯めてディズニーランドで買ったガラス細工の白鳥でした。もちろん白鳥は割れていました。

大人になってから、おもちゃにされないような重い石像を買ったのですが、ホクとモアナがこれを気に入り体を擦り付けるので倒されることがあります。

カエルの石像と猫

紙製品

我が家では一時期、新しいトイレットペーパーがなぜか破れているということが続きました。不良品なのか運搬や品出しが乱暴なのかと腹立たしく思っていたのですが、原因はモアナでした。買ってきたトイレットペーパーを片づけるまでの間にモアナが噛んでいたのです。

かつては、アリスが箱から次々とティッシュが出てくるのを面白がって、出てこなくなるまでかき出して遊んでいたようです。外出から戻ると、部屋中にティッシュが散らばっていました。

謎のもの

ある小正月、気づいたらモアナが埃だらけになっていて不思議に思ったことがあります。後から、埃ではなく“どんと焼き”でもらった灰だと分かりました。

灰だらけの猫
灰だらけのモアナ

朝起きたら部屋にウレタンのようなものの破片が落ちていたこともあります。まあまあの大きさだったにも関わらず、いくら探してもどこから出てきたものか分かりませんでした。同じことが2回あったのでその製品は大きく欠損しているはずなのですが、いまだになんのウレタンなのか分かりません。

謎のものは防ぎようがありませんが、置き物は飾る場所を考え、片付けるものはすぐに片付けるというのが私のやるべきことです。観葉植物も、足場となっている家具などがあれば遠ざけるだけで改善できる可能性があります。(我が家では敢えてそのままにしていますが。)

猫との楽しい生活を望んでいるのに、効率の悪いトレーニングで猫がストレスを抱えたり自分自身がストレスを感じるようでは本末転倒です。猫のトレーニングは、自分のトレーニングだけではどうしても防げないことだけに絞るのがコツだと思います。

タイトルとURLをコピーしました