猫と飲み水の法則、予測不能な水遊び

猫の飲み水

飲み水にまつわる100%の法則

以前、我が家では猫の飲み水を1ヶ所にしか用意していなかったのですが、ペットシッターさんに言われてから2ヶ所にしました。留守中に水がこぼれたり汚れたりした場合の予備として、2ヶ所以上に用意しなければいけないということです。初代猫のアリスの頃から1ヶ所で過ごしてきたので気が回りませんでしたが、言われてみればその通りで、万が一に備えなければいけません。

その時に聞いた話で興味深かったのは、餌置き場の近くに置いた水と遠くに置いた水とでは、どの猫も必ず遠くに置いた水を飲むということです。水や器に関しての好き嫌いは猫によって様々ですが、“遠くの水” を飲むということについては「100%です」と言うのです。多くの猫を見ているペットシッターさんの100%という言葉を聞いて興味がわきました。

水を飲む猫
人気の水飲み場

当時一緒に暮らしていたのはたま・・1匹ですが、この法則は見事にあてはまりました。たま・・は飲み水を2ヶ所に置いたその日から “遠くの水” を飲み、それはその時々変わるわけではなく、必ず毎回 “遠くの水” を飲むようになったのです。以降、餌置き場の水を飲まなくなりました。

警戒心の強かったたま・・がすぐに新たな水飲み場を選んだことに驚き調べてみると、この行動は猫の本能によるものだそうです。「獲物の近くの水は血液などで汚れていて不衛生だから、そこから離れた場所まで移動して綺麗な水を飲む」という意味があるとのことです。

意味を知って2ヶ所とも餌置き場から離そうと考えたのですが、適当なスペースがなく、1ヶ所は変わらず餌置き場と同じところにしました。餌置き場から遠くの水を飲むというこの法則は、餌置き場の水は絶対に飲まないということではなく、そこにしか水がなければそこで飲むようです。それを示してくれたのはたま・・の後代のホクとモアナです。

ホクとモアナを連れて転居した際、直後のダンボールだらけの家で落ち着けるスペースを確保できず、餌置き場に水用の器を2つとも並べて置いていました。それまでは必ず “遠い水” を飲んでいた2匹ですが、この時期は嫌がる様子もなくそこの水を飲んでいました。その後 “遠くの水” を置いてからは、再び餌置き場の水には口を付けなくなりました。

この法則、我が家でも100%の結果となりました。

水遊びあれこれ

モアナは自分たちの飲み水におもちゃを入れて遊びます。鈴やボールをくわえていって水にポチャン。そしてそれを手でかき出す。出したらまたポチャン。何が楽しいのか分かりませんが、一生懸命やっています。これをやると水に抜け毛が入るので、先述の「猫は遠くまで移動してでも綺麗な水を飲む」という本能にそぐわない気がするのですが・・・。困るのは周りがビチャビチャになることです。走り回って遊んでいる時に水容器を蹴とばして派手にぶちまけることもあるので、水飲み場は万が一濡れてもいい場所を選ぶようにしています。

ホクとモアナはとりあえず浴槽の給湯を見に行きます。給湯器の音声案内が聞こえるとどこにいても浴室へ走っていって浴槽に入り、流れるお湯を手でかきます。なので、2匹のイタズラが止まらず困った時などは給湯を開始し、そこにおもちゃを浮かべて遊ばせます。遊んでいる時間は短いですが、その後しばらくは濡れた手を舐めることに夢中になるので、気をそらせたい時には好都合です。

給湯始めは溺れる心配がありませんが、お湯が溜まっている時は事故に気を付けなければいけません。ホクはお湯を抜いている途中で浴槽の中に落ちたことがあります。そういうことが起こらないよう見張っていたのですが、一瞬目を離した間にまんまと落ちました。幸いお湯はホクのお腹当たりまで減っていたので大事にはならず、笑わせてもらいました。

浴槽で遊ぶ猫

最も困るのがキッチンや洗面台での水遊びです。水を出しているとどこからともなく2匹が現れて、シンクや洗面ボウルの中に入ってきます。特にモアナはけっこうな量を頭から浴びても嫌がる様子がなく、むしろ喜んで興奮しているように見えます。当然まわりはビチャビチャ。しかもそれだけでは終わらず、排水口の蓋や排水栓を外してしまうのです。洗面台の排水栓を引き抜くことが大ブームだった頃は、気づくと排水栓が無くなっているということが何回もあり、家中を探したこともありました。

キッチンで水遊びする猫

隙あらばトイレにも入ろうとします。トイレへの好奇心が満たされないホクは、人が出た後は必ずと言っていいほどドアの前に座り、中から聞こえる流水の音に聞き耳を立てています。隙をつかれて2匹がトイレに入ってしまった時は大変です。便器や手洗器のセンサーがホクとモアナに反応し、便器の蓋が開けば中に手を入れようとするし、手洗器の水が出れば遊ぼうとします。

猫の水遊び「手洗器の自動水栓に驚くホク」

拭き掃除に忙しい我が家です。

タイトルとURLをコピーしました