デンマークのBang & Olufsenのオーディオ

バング&オルフセンのオーディオ

B&Oとデビッド・ルイス

日本には世界に誇る多くのオーディオメーカーがあります。SONY、ビクター、ケンウッド、オンキョー、YAMAHA・・・。1980年代には高品質で低価格の日本製のオーディオが世界を席巻していました。歯ブラシやシェーバーで有名なドイツのBRAUNもかつてはオーディオ機器を作っていましたが、日本製品の勢力に押されてこの分野から撤退したほどです。

レコードに代わってCDが台頭し始めると、レコードプレーヤー、CDプレーヤー、カセットレコーダー、ラジオチューナー、アンプなど、自由に組み合わせることができるコンポが主流になりました。各メーカーは他社製品とも組み合わせることができるようサイズやデザインの個性を抑えながら、音の品質を追求していました。

その頃、デンマークのBang & Olufsen(バング・アンド・オルフセン)というメーカーでは、ある一体型のオーディオが作られていました。1989年に発売されたBeocenter9500です。CDプレーヤー、カセットレコーダー、AM/FMレシーバー、アンプが搭載されたものです。私はそれを電気屋さんで見つけ、その近未来的なデザインを一目で気に入りました。鏡面仕上げのステンレスとガラスで出来た本体にボタンやスイッチはなく、まるでSF映画に出てくるもののように見えました。

バング&オルフセンのオーディオ

Bang & Olufsenは、ピーター・バングと スヴェン・オルフセンによって1925年に創業されました。技術力だけでなく優れたデザイン性に定評があるオーディオブランドで、これまでに18製品がニューヨーク近代美術館(MOMA)にコレクションされています。最近では、日本国内のオーディオメーカーが不振にあえぐ中、Bang & Olufsenのワイヤレスイヤフォンが日本でも大人気となり健在ぶりを示しました。

Bang & Olufsenは早くからデザインの力を熟知していました。オーディオマニアを納得させる非常に高い性能を保ちながら、全ての製品は有名なデザイナーによって美しい外装をまとっています。Beocenter9500をデザインしたデビッド・ルイスもまた、妥協のない姿勢で数々の名品を生み出しました。

バング&オルフセンのオーディオ
バング&オルフセンのオーディオ

デンマークのデザイン力

様々な製品で高いデザイン力を発揮するデンマークですが、それは隣国のドイツの存在が関係しているのかもしれません。ドイツは言わずと知れた工業大国です。技術力だけで競えば勝ち目はありません。かつて日本がヨーロッパを追い越し、そして日本を中国が追い越したように、技術だけに頼っていては同等のものを安く作られた時に負けてしまいます。20世紀の初め、デンマークの物作りはデザインに徹底的にこだわることで独自の道を切り開きました。

デザインといっても単に形や色が美しいということではなく、使う人にとって一番使いやすく、感動を与えるものでなければなりません。

例えば、家電製品のリモコンは昔から「使いづらい」と言われています。我が家で使っているあるリモコンには48個のボタンが並んでいますが、Bang & Olufsenのデビッド・ルイスがデザインしたリモコンの中にはボタンが4個しかないものもあります。このような潔い決断は「利用者が何を求めているか?」ということを考え抜き、それを製品化していくというポリシーがなければできません。

デンマークにはそんなデザインを武器にしたメーカーが数多くあります。家具のフリッツ・ハンセン、照明のルイスポールセン、レゴブロックで有名なレゴ社。どのメーカーも他には代えがたい価値を提供し続け、そこに惹かれた人は目移りすることなく同じメーカーのものを求めます。

バング&オルフセンのオーディオ

私が電気屋さんで見つけたBeocenter9500は、当時の定価で75万円でした。景気の良い時代でしたが20代の私には手が届かず、諦めざるを得ませんでした。しかし20年ほど経って中古品を見つけた時、電気屋さんで初めて見つけた時と同じ気持ちになり、そこでようやく買うことができました。

20年経ってもカッコイイと思わせるこのオーディオは、デンマーク北西部に位置するストルーアという小さな港町で作られました。静かでのどかなその町で、Bang & Olufsenは洗練された製品を作り続けています。デビッド・ルイスの「どんな製品も価値と耐久性の両面において長持ちすべき」という思いは、確実に継承されています。

バング&オルフセンのオーディオ
タイトルとURLをコピーしました