気軽に始められるテニス

テニスボール

テニスをやってみようと思った時に必要な準備

なにかスポーツをしたいと思った時に気軽に始められるのは、ウォーキングやランニング、そして球技ではないでしょうか。敷居の高い球技もありますが、学生時代に授業でやった経験があるようなものは、趣味としても始めやすいものばかりです。バスケットボール、バレーボール、卓球、バドミントンなどなど。もちろん本格的に始めようとすればそれなりの準備が必要ですが、そうでなければ次の休日にやってみることができます。

私がそうやって始めたのが硬式テニスです。テニススクールに通っていた夫に誘われ、その日のうちにインターネットで初心者向けの安いラケットを買い、その週末には近所のテニスコートでプレイしていました。プレイというより、ラケットを振りまわし、ボールを追いかけまわしていた、という感じです。

お遊びテニスをやってみようと思った時に必要な準備は2つだけです。

ラケットとボールを用意する

スポーツ用品店に行けばスタッフが自分に合ったラケットを教えてくれると思いますが、お遊びテニス用のラケットはネットショッピングで問題ありません。私はカワサキというメーカーだけ知っていたので、その中から初心者用の3,000円台のものを買いました。ボールも4個入りで1,000円程度のものです。ラケットもボールも硬式用と軟式用を間違えないようにだけ注意してください。

ウェアとシューズはわざわざテニス用を買わなくても、スポーツウェア、ウィンドブレーカー、スニーカーなどがあれば十分です。

テニスコートを予約する

テニスコートは民間より、市区町村が運営しているところが良いと思います。家の近くで見つけることもできるでしょうし、住民は安く借りられるところもあります。

テニスコート

レベルや年齢に合わせた楽しみ方

アラフィフ夫婦の場合

私たち夫婦は当日になって「今日テニスする?」となることが多いのですが、他の人を誘わなくても2人で楽しめるというのが、テニスを気軽に続けられる理由の1つになっています。

そこから急いでテニスコートへ向かうのですが、着いたら必ず準備体操をします。周りを見ても準備体操をしている人はあまりいませんが、そこは私たちのポリシーです。大人になってから始めるスポーツは、油断すると怪我につながります。始める前には腕と足を伸ばしたり回したりしてウォーミングアップを行い、そしてプレイ中は決して無理をしないことです。

夫はテニススクールに通っていた時に足首を骨折したことがあります。準備体操を怠ったわけでも、体調が悪かったわけでもありません。その日は体が軽く調子が良かったそうなのです。そのため、いつもなら諦める高く返ってきたボールを、プロの選手さながらジャンプして打ち返したところ、着地した時に足をひねったというわけです。若い頃とは違うので、調子が悪いと自覚している日ではなく、調子が良いと感じる日にこそ注意が必要だということが分かった出来事でした。

テニスを気軽に続けられる理由のもう1つは、ちゃんとしたやり方を知らなくてもとりあえずは遊べるということです。ルールもフォームも細かいことは抜きで楽しむことができます。

私たちの楽しみ方は点の取り合いなどではなく、ラリーがどれくらい続くかです。相手の打ち安いところに返そうと思うのですが、球速もコースも安定しないので、緩急がついたり、ラインギリギリに入ったり、ドロップショットになったりと、まるで上手い人の試合のような展開になります。そうすると必然的に運動量が増え、30分のお遊びテニスでも良い運動になります。

テニスラケット

シニアの場合

私の父は若い頃、軟式テニスを趣味にしていました。軟式はボールがあまり弾まないので硬式より運動量が多いそうで、いつも汗だくになって帰ってきていたのを覚えています。

父はとっくにテニスを止めていますが、最近になって当時の父の仲間が数人、実家近くのテニスコートにいるのを見かけました。みなさん70代以上だと思うのですが、変わらずテニスを続けていることを知ってとても驚きました。でも、どうもメインはテニスそのものではなく、その後のコーヒータイムのようなのです。それもどこかの店に移動するのではなく、テニスコートの横の公園でテーブルを広げてなにやら飲んだり食べたりを始めたのです。それはとても健康的で、羨ましい光景でした。

テニスボール

テニスは、レベルや年齢に合わせた楽しみ方ができます。私たち夫婦がお遊びテニスをするようになってから5年が経ちますが、完全に下手の横好きです。目標は上達することではなく、70歳を過ぎてもテニスをして、その後のコーヒータイムでテニス論議をすることです。

タイトルとURLをコピーしました