国立国会図書館

国立国会図書館の東京本館

納本図書館ならではの活用方法

国立国会図書館は、日本国内で発行された出版物が最も多く所蔵されている機関です。納本制度の運用は国によって違いますが、日本では現在、国立国会図書館法によって全ての出版物を国立国会図書館に納入することが義務付けられています。実際には納入漏れもあるようですが、他とは比較にならない数の出版物が所蔵されていることになります。

所在地は、東京本館が永田町、関西館が京都、国際子ども図書館が東京の上野になります。東京本館は、国会議事堂の道路を挟んだ隣に位置します。

東京本館と関西館は基本的に18歳以上の利用に限られていて、利用者登録が必要です。国際子ども図書館の利用に年齢制限はなく、一部の資料を除いては手続きなしで閲覧することができます。いずれも書籍などを持ち帰ることはできず、閲覧申込みをしたうえ館内で読むことになります。いろいろと規則があり不便に思えるかもしれませんが、例えばこんな時には国立国会図書館が役立つと思います。

国立国会図書館の東京本館
東京本館

購入する本を迷っている時

実用書など購入後に「思っていた内容と違った」「自分のレベルに合っていなかった」など、失敗だったと思うことはないでしょうか。小説だったら「ちょっと自分の好みとは違った」というくらいで済むかもしれませんが、実用書だとそういうわけにもいかず、急いで他の本を探すことになったりします。値段がそこそこすることも多いので、時間と出費が無駄になってしまいます。今でこそ書店に読書のための椅子が置いてあったり、ネット上でも試し読みができますが、そもそも取り扱っていない本も多くあります。

国立国会図書館には国内の出版物が広く収集されていて、それらは専用のパソコンを使って検索ができるので、自分にとって最善の本を探して読んでみることができます。

入手できない本を読みたい時

書店などでは入手しづらい古書や専門資料なども多く所蔵されています。そういった専門書は閲覧申込みをする必要がなく、図書持出検知装置の付いた専門室内で自由に閲覧することができます。例えば美術書など、高価だったりサイズが大きかったりして買うのをためらうことがありますが、そういった本を見て楽しむことができます。

雑誌をまとめて読みたい時

東京本館の場合、図書は3冊までしか閲覧申込みができませんが、雑誌は10冊まで可能です。好きな雑誌のバックナンバーを集めたり、いろいろな雑誌の新刊を集めたりして、席で読みふけることができます。

私は学生時代に好きだったファッション誌の、当時のナンバーを3年間分見て過ごしたことがあります。10冊借りて、返却してまた次の10冊を借りる。難しそうな本に集中している夫の横で、私はただただ懐かしく写真を眺めていました。

以上が私たち夫婦が国立国会図書館を利用する時の例ですが、見たい書籍などを近所の図書館に取り寄せてもらうこともできます。全ての図書館で取り寄せができるわけではなく、また取り寄せられる書籍にも制限があるようですが、国立国会図書館まで行けない場合は利用してみても良いと思います。

利用者登録と主な利用手順

以下は東京本館を利用する際の手順ですが、関西館もほぼ同じだと思います。

利用者登録

利用者登録は東京本館、関西館で手続きができます。氏名、生年月日、住所、電話番号を記入し、本人確認書類と併せて提出すると登録利用者カードが発行されます。オンラインではインターネット限定登録利用者の手続きができますが、利用できるサービスが限定的となり、東京本館、関西館に行った際に本人確認書類を提示して登録利用者カードを発行してもらう必要があります。

国立国会図書館の登録利用者カード

入館

B5判以上のサイズの鞄、カメラ、刃物など館内への持ち込みが禁止されているものがあるので、それらはゲートの外にあるコインロッカーに入れます。ロッカールームに透明の手提げ袋が用意されているので、携帯するものはそれに入れます。スマホは持って入ることができますが、カメラや録音などの記録機能を使うことは禁止されています。

ゲートに登録利用者カードをタッチして入館します。

書籍などの検索・閲覧申込み

館内にはたくさんのパソコンが置いてあります。パソコンのカードリーダーに登録利用者カードを置き、パスワードを入力すると「国立国会図書館オンライン」システムが開くので、そこで書籍などの検索や閲覧申込みができます。

書籍などの受け取り

閲覧申込みをした書籍などは、約20~30分後に受け取りカウンターに用意されます。「国立国会図書館オンライン」システムで到着確認ができたら、受け取りカウンターで登録利用者カードを提示し受け取ります。

退館

受け取りカウンターで借りたすべての書籍などを返却し、ゲートを通って退館します。返却と退館にも登録利用者カードが必要です。

私たちが国立国会図書館を利用する時、読みたい本が絞られていることもあれば、まったく目的がないこともあります。どちらの場合もあっという間に時間が過ぎて閉館時間になります。家の近所の図書館に行くこともありますが、時間がある時は永田町まで足を伸ばすことで満足な1日になります。

タイトルとURLをコピーしました