写真撮影(風景・花)

ルピナス

被写体探しを楽しむ

写真は誰もが気軽に撮れるようになり、人気の撮影スポットや絶景ポイントを巡る人も多いかもしれません。私たち夫婦も写真を撮ることが好きなので、カメラを持って話題の場所に出かけることもあれば、出先で思いがけず撮りたいものに出会ってスマホで撮影することもあります。スマホは今やカメラに劣らず綺麗な写真が撮れるのでとても便利です。カメラにしてもシーン別の機能が搭載されているものが多く、それによって自動でシャッタースピードや絞りが設定されるので、シャッターを押すだけで綺麗な写真が撮れるようになりました。

このように誰でも失敗しないで写真が撮れるからこそ、こだわりたいのは被写体です。撮影の名所や流行っている場所では人と同じような写真になってしまったり、人が写らないように撮影したくてもそれができないということが少なくありません。しかし被写体になるものはどこにでもあるので、わざわざ遠いところや人ごみに出向かなくても写真撮影を楽しむことができます。

必要なことは視点を変えることだけです。家の近所やいつも通るところで道端に目を向けたり、歩く時とは違う目線で周りを見てみると、意外な光景が見つかったり見慣れた風景がとても綺麗なことに気づいたりします。旅行やドライブでも道中にこそお宝的な被写体は隠れているかもしれないし、観光地でも皆が撮影しているところとは違う方向にフォトジェニックな景色があるかもしれません。誰もカメラを向けない場所や立ち止まりさえしない場所では、意図しない人が写り込むこともありません。もちろん観光名所で王道の写真を撮ることも楽しいですが、人が気づかない被写体を探すのも楽しみ方の1つです。

人と違う被写体探しは夫婦でやると楽しさが増します。どちらが良いものを見つけるか競ったり、自分とは違う視点の写真に感心したり、撮影に出かける時から終わった後までが充実した時間になります。撮影する時には、風で揺れる枝を軽く押さえてもらうなど協力し合えるというメリットもあります。例えばアングルを変えて撮るために背伸びしたりしゃがんだり、周りの視線が気になるようなことも2人だとできたりします。夢中になってマナーを破ったり周りに迷惑をかけることがないよう気を付ければ、道でしゃがむのも電車の中から外を撮影するのも自由です。少し大胆になれると写真の幅が広がります。

マニュアル撮影、フィルム撮影、フォトコンに挑戦してみる

私たち夫婦は写真を撮ることが好きですが改めて勉強をしたことはなく、1度はプロの講習を受けてみようと話しているものの実現できていません。なので、一眼レフのマニュアルモードで撮影した時など思い通りの写真にならないこともあります。それでもいろいろと試しながらの撮影は楽しいものです。また、わざとオーバー気味に撮ったりアンダー気味に撮ったりすると思いがけず雰囲気のある写真になったりするので、シャッターチャンスが短いシーンでなければマニュアル撮影に挑戦するのもおすすめです。

夫がヴィンテージのフィルムカメラをコレクションしているので、その中の1台を持って出かけることもあります。そういう時はだいたい「フィルムってコンビニに売ってたっけ?」という会話から始まります。ちなみに答えは、意外と今でもフィルムを売っているコンビニは多くあります。

今はフィルムカメラを持っていない人も多いと思うのですが、使う機会があればデジカメとは違う楽しさに気づくと思います。フィルムカメラの楽しさ、それは撮影する時と出来上がった写真を見る時の緊張感です。緊張するなら楽しくないのでは?と思われるかもしれませんが、その緊張感はえてして良い写真が撮れることにつながります。構図や光量のことなど、デジカメのように撮り直しができないだけに慎重に考えるためです。全く知識がなく、写真を撮ることに慣れていない人がフィルムカメラを使うのはもったいない気がしますが、少し慣れていれば挑戦すると違いが分かると思います。

フィルム撮影で少し不便になったことは、現像とプリントに時間がかかるようになったということです。店内に現像機を持っていない店では仕上がりに1週間以上かかるのです。急ぐ場合はインターネットで「現像 即日」と検索して、事前に確かめることをおすすめします。

最後に、良い写真が撮れるようになったらフォトコンテストに応募してみるというのも良い経験になります。その気がないと気づきませんが、フォトコンは常に様々な主催元によって開催されています。テーマや応募条件は様々なので、自分に合ったものを見つけて、フォトコンを意識して撮影すると一層気合いが入ると思います。例え入選できなくても、過去の入選作品を見たり、自分なりに考えながら撮影するという経験は、技術とセンスをワンランク上げてくれるはずです。

私は自分の実力やセンスをかえりみず、保険会社のフォトコンに応募したことがあります。選ばた写真はCMに使われるので見たことがある人も多いと思います。結果は、見事に落選でした・・・。そのCMを見ていると、必ずしも技術的に上手い写真が選ばれているわけではないように感じます。しかしどの写真にも心動かされるものがあり、琴線に触れた1枚は何年も経った今でも覚えているほどです。このフォトコンは人物をテーマにしていますが、大事なのは技術だけではないという点は、風景や花の撮影にも通じるヒントだと思います。

撮った写真を人に見てもらうと新たな気づきがあります。自分ではなんとも思っていなかった写真を褒められるということが多々あるのです。フォトコンに出す写真を選ぶ時は、思い入れのある写真とは別に、人が選んでくれる写真を候補に入れたほうが良いと思います。その時こそ、一緒に被写体探しをした相方が良いアドバイザーになってくれるはずです。

タイトルとURLをコピーしました