狭くても快適なマンションの書斎作り

書斎

マンション住まいでは書斎やワークスペースを作ることは難しいと思っていましたが、1室を書斎として使うことにしました。約4.5畳の狭い部屋ですが、リフォームなし難しいDIYなしで快適な書斎になりました。

書斎に作った机と本棚

狭いスペースを有効活用するために、夫が部屋に合わせて机と本棚を作ってくれました。既製品だと無駄に場所をとってしまうし、結露がおきやすい部屋なので、省スペースと通気性を考えてのことです。いつものDIYと同じく、なるべく簡単な方法を2人で考えました。

夫の机は購入したものですが、その横に私の机を作りました。高さ70cmの収納棚を2つ置き、その上に奥行きが同じサイズの天板を渡しただけです。天板には厚さ3cmの集成材を使いました。

余談ですが、220cm×40cm×3cmのこの集成材、駐車場から部屋まで私ひとりで運びました。なかなかの力持ちです。

集成材はすべての面と角にやすりをかけます。少し角を落とすだけでだいぶ手触りが良くなります。やってみると意外と簡単にでき、仕上がりも綺麗になるので大事な工程です。最後に着色ニスを塗って天板のできあがりです。

3cmの厚みがあると丈夫で安定感があり、収納棚に乗せただけでもずれることがないので固定する手間が省けます。できあがった机にはプリンターやシュレッダー、レターケースなどを置き、2人にとって使いやすいワークスペースとなりました。

書斎に作った机

そして、よく使う書類や本をすぐ手に取れるよう、机の上に本棚を作りました。こちらの天板は厚さ1.8cmの集成材を4枚使いました。本を乗せていた棚板が時間とともにたわんでしまった経験があるので、強度を一番に考えました。集成材にL字の棚受けを8個、45cm間隔で取り付け、それを下地が入っている壁に取り付ければ完成です。

書斎に作った本棚の棚受

実際に書類と本を乗せてみても傾いたりたわんだりしません。合計すると10㎏以上になる我が家の猫たちが飛び乗ってもまったく問題ありません。

椅子やデスクライトなど書斎の必需品

椅子は長いことイームズのアルミナムソフトパッドを使っています。ずいぶんと古びていますが、夫はこれをとても気に入っていてます。数年前、リクライニングが壊れた時には修理してくれるところを探し、片道2時間近くかけて溶接屋さんのところまで持って行ったほどです。そこまでするだけあって確かに座り心地が良いし、年季が入ったものほど愛着がわきます。

書斎の椅子イームズのアルミナムソフトパッド

デスクライトはカリモク60のZライトです。子供の頃、こういう形のデスクライトに憧れていたという話を聞いて、私がプレゼントしたものです。喜んで使ってくれています。椅子のように味が出るまで使い込んでほしいです。

カリモク60のZライト

机の背面には有孔ボードを取り付けました。今は書類を貼っていますが、有孔ボードを1枚取り付けておけば、今後その時々の必要に合わせて活用していけます。

書斎の有孔ボード

夫が書斎でタバコを吸うので、なくてはならないのが空気清浄機です。使っているのは日立のEP-GZ30という古いモデルですが、このシリーズは狭い場所にも置けるスリムな形が嬉しい点です。グッドデザイン賞にも選ばれています。

空気清浄機

狭くて細長い形の部屋ですが、スリムなものを選び好きなものを置いたら、2人で使える仕事がしやすい書斎になりました。

タイトルとURLをコピーしました